--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/07/06.Wed

【赤面症】の人必見!「赤面症の人」と「赤面症でない人」どう違う!

「赤面症の人」と「赤面症でない人」どう違うのでしょうか?

私達は、生活をして行く上で、どうしても人と話さなくてはいけません。
また、会社に勤めていると自然と付き合いも広くなります。

s-21963263_s.jpg


だから、
「赤面症の人」と「赤面症でない人」とは大きく差が出来ます。
付き合いにしても、仕事にしても、やはり自分を印象ずけるには
言葉だと思うんです。


あなたは、どう思いますか?
仕事で、ハキハキ自分の意見を言える人と
 「赤面症」で、あまり意見の言えない人と、


やはり、ハキハキの人に軍パイが上がると思います。


なぜ「赤面症」の人が、損かって言うと、
人との付き合いは、生活をして行く上で、切っても切れない
しかも、一生続くものです。


もし、自分が「赤面症」で、伝えたい事が相手に充分
伝える事ができないとしたら・・・・・


ずっと、悲しくて寂しく、悔しい思いをすると共に、
とても損をする人生を送ると思いませんか?
この先もず~と・・・・・


実は、私も「赤面症」の一人ですが、私の経験から、
「赤面症」の人はどうしても、言葉足らずになります。
そして、内気で引っ込み思案になります。

だから、
なるべく、少ない言葉で話そうとします。

そのため、相手に思うことの半分も伝わらず誤解されたり、
また、訂正することも億劫なためそのまま・・・・

なんって、私は損な性分でしょう・・・と思いましたね。


後になって、
「どうしてあの時に、後・一言、
後・一言が、言えなかったんだろう。。。」

と思うこと、しばしば。

いや、これは、私だけかも知れませんけれど・・・


だからこれまでに、数えきれない程の悔しさや、
計算出来ない程の損をしています。


もし、「赤面症」でなかったら、
このまま毎日苦痛を感じて過ごすこともなく、
どんどん、会合で自分の考えを述べ、
友達の結婚式のスピーチなど進んで引き受け
人前で会話が楽しめる・・・


こんな人生が送れます・永遠に。。。。。


このような生活、
「赤面症の人」の夢が「赤面症でない人」の
普通なのです。


赤面症を克服すると、付き合いや仕事面でも
自分の実力が十分に発揮でき良い方向に進んで行きます。


 興味のある方はご覧下さい。
  →  「赤面症」を克服。



        赤面症を直す・これは知らないと損!「赤面症 解消の秘訣」トップへ戻る







スポンサーサイト
赤面症について | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。